開幕2戦で昨年獲得した298ptに迫る293ptを稼ぎ出した石川遼(Photo by Scott HalleranGetty Images)

写真拡大

<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「シュライナーズ・ホスピタルズ・フォーチルドレン・オープン」終了時点でのFedExCupポイントランキングが発表された。同大会を米ツアーでの自己ベストに並ぶ2位タイで終えた石川遼が245ptを加算。開幕からの2戦で早くも昨シーズン年間で獲得した298ptに迫る293ptを稼ぎ、前週の18位から4位にランクアップした。
米国男子ツアー第2戦のリーダーズボードはこちらから
 同大会で今季初勝利を挙げたウェブ・シンプソン(米国)が500ptを獲得して2位にランクイン。首位は開幕戦に勝利したジミー・ウォーカー(米国)が堅守している。また同大会を体調不良により欠場した松山英樹は7位タイに順位を下げた。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(561pt)
2位:ウェブ・シンプソン(500pt)
3位:ビジェイ・シン(346pt)
4位:石川遼(293pt)
5位:ジェイソン・ボーン(274pt)
6位:チャーリー・ホフマン(135pt)
7位T:スコット・ブラウン(134pt)
7位T:松山英樹(134pt)
7位T:ケビン・ナ(134pt)
10位:チャールズ・ハウエルIII(131pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>