写真提供:マイナビニュース

写真拡大

子どもたちが木の枝の先にマシュマロを差してキャンプファイアーで焼く光景は北米ではおなじみです。そのまま食べてもおいしいのですが、この焼きマシュマロを板チョコといっしょにビスケットやクラッカーで挟む「s'more(スモア)」(smoreとつづることも)も大人気です。あまりにおいしいので「some more(もっと)」と言ったのがそのまま名称になったと一説では言われています。70年代のガールスカウトの文献に初めて登場したようですが、はっきりした起源はわかっていません。

英会話スクール通いが難しい方へ
24時間予約不要のオンライン英会話だから、続けられる。まずは無料体験。