町田樹 (撮影:フォート・キシモト)

写真拡大 (全5枚)

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦、スケートアメリカは19日、米デトロイトで行われ、町田樹がショートプログラム、フリーともに1位を獲得。自己ベストを30点近く更新する265.38点で優勝した。

町田は、フリー演技の冒頭、4回転ジャンプを決めるなど得点を伸ばし、昨季のシリーズ戦・中国杯以来、2勝目を飾った。

前半のショートプログラムで5位だった高橋大輔は、合計236.21点で最終4位に。前半4位の小塚崇彦は、230.95点で6位に終わった。

上位選手の得点は、以下のとおり。
1位:町田樹 265.38点
2位:アダム・リッポン(米国) 241.24点
3位:マックス・アーロン(米国) 238.36点
4位:高橋大輔 236.21点
5位:ジェイソン・ブラウン(米国) 231.03点
6位:小塚崇彦 230.95点