昼白色(左)は、業界トップクラスの高効率を達成した

写真拡大

東芝ライテックは、電球100ワット(W)相当の明るさを実現したLED電球「一般電球形 光が広がるタイプ」(電球色・昼白色)の2機種をラインアップし、2013年10月21日に発売する。

業界トップクラスの高効率

「トリプルアーチ放熱板」や「ヒート・セパレート方式」など、従来から採用してきた独自の放熱技術を組み合わせることで、熱源であるLEDと蛍光体から効率よく放熱を図った。

「トリプルアーチ放熱板」は筐体だけでなく、グローブにもLEDから出た熱を伝えることで放熱性能を向上。電球色ではこれに加えて「ヒート・セパレート方式」を採用し、蛍光体部分をグローブ樹脂に混ぜることで発熱源であるLEDと蛍光体を分離することができるため、グローブ全体から効率のよい放熱を実現した。

これらの放熱技術により、外径60ミリ×全長119ミリというコンパクトな電球近似形状で、一般白熱電球の100W形相当の明るさを実現した。

昼白色は、業界トップクラスの高効率を達成。また、昼白色の配光角は約240度、電球色の配光角は約230度と、電球形蛍光ランプに近い光の広がりを実現した。

これによりLED電球「一般電球形 光が広がるタイプ」は、電球40W、50W、60W、80W、100W形相当のラインアップが揃い、用途に応じて選べる幅が一層広がった。

希望小売価格は、8925円。