画像は「ピンク(恋するBABY PINK)」

写真拡大

オリジナルシューズをオンラインでデザインできるShoes of prey(シューズ・オブ・プレイ)ブランドを日本で運営しているブラケット(東京都渋谷区)、同ブランドが2013年10月21日から11月24日まで、映画「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」とコラボレーションした靴のキャンペーンを行うことを明らかにした。

追加料金はなし

シューズ・オブ・プレイは、インターネットで自由自在に靴をデザインしオーダーしたものが自宅に届くショッピングサイト。

「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」では、ことしで操業112年を迎えた老舗デパートのバーグドルフが、いかにして革新を続けながら現在まで世界の最先端を駆け抜けてきたかという歴史を描き、数々の有名デザイナーがその魅力を語る。全女性の夢と憧れを創り出す「魔法の箱(デパート)を開ける」ようなドキュメンタリー映画。

ブラケットでは、シューズ・オブ・プレイが大切にしているイメージと映画の世界観が近かったため、キャンペーンを実施するに至ったという。その内容は、靴を履いている時にちらりと見える靴底を追加料金無しで2種類の色から選べるというもの。「ピンク(恋するBABY PINK)」と「紫(働くCOOL PURPLE)」の2色で、オリジナルシューズに映画の世界観をプラスすることができるという。