史上最も有名な“幻のSF映画”、大作「DUNE」追ったドキュメンタリー。

写真拡大

「エル・トポ」(1969年)、「ホーリー・マウンテン」(1973年)、「サンタ・サングレ/聖なる血」(1989年)で世界中に熱狂的なファンを持つ映画作家のアレハンドロ・ホドロフスキー。そんな彼が1974年に企画した幻のSF大作「DUNE」を追ったドキュメンタリー映画「ホドロフスキーのDUNE」の日本公開が決定した。来夏にはホドロフスキー監督の23年ぶりとなる最新作「リアリティのダンス」も日本公開が決定しており、来年度は“ホドロフスキー・イヤー”となりそうだ。

「DUNE」は、「スター・ウォーズ」「エイリアン」「マトリックス」「プロメテウス」などの元ネタとも言われる、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”。スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス(キャラクターデザインなど)、SF画家のクリス・フォス、「エイリアン」「トータル・リコール」のダン・オバノン(特撮)、H・R・ギーガー(デザイナー)、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイドなど、驚異的な豪華メンバーが集っていた作品だ。しかし、残念ながら撮影を前にして企画は頓挫してしまい、世に送り出されることはなかった。

その後、1984年にデヴィッド・リンチによって、同じ原作小説の別作品「デューン/砂の惑星」が制作され、ホドロフスキーの「DUNE」は幻の作品に。ただ、後にダン・オバノンはここで集めたスタッフを再集結させ、「エイリアン」(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。

今回公開が決定した「ホドロフスキーのDUNE」は、ホドロフスキー本人やプロデューサーのミシェル・セドゥ、H・R・ギーガー、ニコラス・ウィンディング・レフン監督などのインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版「DUNE」についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーだ。

「ホドロフスキーのDUNE」、および監督最新作「リアリティのダンス」は2014年、劇場公開。