<日本オープンゴルフ選手権競技 3日目◇19日◇茨城ゴルフ倶楽部・東コース(7,320ヤード・パー71)>
 国内男子メジャー「日本オープン」の3日目。トータル5アンダーの3位タイからスタートした小田孔明が6バーディ・2ボギーの“67”をマークしてトータル9アンダーで2位に3打差をつけて単独首位に立った。小田のこれまでの6勝はすべて3日目に首位に立っての逃げ切り優勝。必勝パターンに持ち込んだ35歳が初のメジャータイトル獲得に挑む。
小田孔明、2打差好位置も頭によぎるのは「“80”の呪い」
 厳しいピンポジションに多くの選手が苦しむ中、圧巻のプレーを見せた。この日最難関となったスタートの1番では、約200ヤードのセカンドを1メートルにつけてバーディを奪取。「あれは大きかった」と勢いよく飛び出すと直後の2番はボギーとしたものの、その後も5つのバーディを積み重ねて一気に後続を突き放した。
 小田は勝利こそないものの、影の日本オープン男。過去8度出場して予選落ちはなく、トップ10も3回マークしている。その中でも、今も小田の脳裏に焼き付いているのは相模原GCでの07年大会だ。当時未勝利だった小田は単独首位で最終日を迎えながら“80”を叩いて結局8位フィニッシュ。「あの時は若かった。まだ勝てるゴルフをしていなかった」と初優勝のチャンスは日本オープンという分厚い壁に跳ね返された。
 それでも、この敗北は「今の僕のゴルフは相模原の教訓からきている」と自分のゴルフを見つめなおすきっかけとなった。翌年の08年に悲願のツアー初優勝を果たすと、ここまで通算6勝をマーク。名実ともにツアーを代表するトッププロとして大きく成長を遂げた。そして迎えた今大会。この日本一決定戦になみなみならぬ思い入れを持つ小田に、07年大会のリベンジをする絶好のチャンスが訪れた。
 「絶対勝ちたい。明日は死ぬ気で勝ちに行きます」。ホールアウト後のインタビューでそう語る小田の目には、思い入れの強さゆえ感極まってうっすら涙がたまっていた。最終日は雨予報が出ているがここまでくればコンディションは関係ない。「精神的にもゴルフの調子もピークに持ってこれた。これで負けたら言い訳はできない」。あふれだしそうになる感情を必死に抑えながら全身全霊で悲願のオープン制覇へ挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
片山晋呉、5打差4位タイに後退も「まだ全然わからない」
薗田峻輔は“一打捨てる”気持ちのコントロールで頂点を目指す
片山晋呉、一歩後退も焦りなし「日本オープンですから」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング