千葉競輪で36万分の1の珍事発生

ざっくり言うと

  • 19日の千葉競輪で、 車番とは逆転した数字順通りに入線する珍現象が起こった
  • 9番が1着となり、2着8番、3着7番と降順に並び、9着が1番車という結果に
  • 確率36万2880分の1という珍事で、3連単と2車単で万馬券が出た

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング