清潔さにこだわった「ステンレス・クリーン システム」を新たに搭載(写真は、「ステンレス・クリーン クリエア EP‐JV700」)

写真拡大

日立アプライアンスは、空気清浄機の内部の清潔さにこだわり、除菌効果があるステンレスを使用した「ステンレス・クリーン システム」を新たに搭載した加湿空気清浄機「ステンレス・クリーン クリエア EP‐JV700」を、2013年10月19日に発売した。

ルームエアコンに採用しているステンレスと同様の除菌効果があるステンレスを、プレフィルターや脱臭フィルター、フラップ、吹出口に使用した「ステンレス・クリーン システム」を新たに搭載。「ステンレスプレフィルター」は、付着した油煙を含んだほこりも、ステンレスの効果によって掃除機をかけるだけできれいにとれる。

さらに、加湿用の透明な給水タンクは中まで手が入る「洗える広口タンク」を採用。より清潔で手入れがしやすくなっている。

また、光触媒の効果で脱臭力が長持ちする「光アクティブ脱臭」を継続採用し、高い脱臭効果を発揮する「光アクティブ脱臭&ステンレスフィルター」を使用して11種類のニオイ成分と4種類のVOC(有機化学物質)も低減する。

微細な粒子をしっかり捕集してアレル物質の活動も抑制する「アレルオフ微細じんHEPAフィルター」を採用し、「PM2.5」にも対応する。静かな運転音。「eco節電運転」で消費電力量も抑える。

あわせて、除湿・加湿空気清浄機「ステンレス・クリーン クリエア EP‐JV1000」や、加湿空気清浄機「クリエア EP‐JV600」、空気清浄機「クリエア EP‐JZ30」の3機種も発売する。

いずれも、オープン価格。