毎月ひとつのテーマを掘り下げて構成される女性月刊誌『CREA』(文藝春秋)。他誌と一線を画す代表的な特集に「母になる」があります。2005年に育児休暇明け数ヶ月で就任した、同誌初の女性編集長が自ら考案。その後だいたい年1回のペースで「母になる」号は発行され、現在まで続く名物企画となっています。好評を得ているのは、おそらく女性たちが妊娠、出産の問題とどのように向き合っていくかを模索しているから。リミットがある問題だけに"いつかは..."という気持ちでいるだけではいけないことを女性自身がわかっているからでしょう。今年10月発売の「母になる」最新号にも登場する、栄養コンサルタントで、ミス・ユニバース・ジャパン オフィシャルトレーナーでもある細川モモさんは、予防医療チーム「ラブテリ」を主宰しています。20名ほどの仲間と研究を続けていますが、2012年には世界規模の「卵巣年齢研究」にも着手。メディアで取り上げられ、「卵子老化」の現実を世に知らしめた一人でもあります。同チームが発行する『BABY BOOK』では、日本の高齢出産率の上昇、不妊治療数の増加などの現実を踏まえて、妊娠には準備が必要であることを訴えています。とくに栄養学の観点から、女性はもちろんのこと、カップルで食生活を見直すことを推奨。その第一歩として、食卓をカラフルに、7色の"レインボーフード"で彩ることをすすめます。7色はなかなか難しいので5色でもOK。たとえば、ごはんや豆腐の「白」、トマトやりんごの「赤」、ほうれん草やブロッコリーの「緑」、卵やパプリカの「黄」、味噌や納豆の「茶」です。日本で妊娠に必要な栄養素というと「葉酸」がクローズアップされますが、他国では違うとのこと。どれか一つが大事だというわけではなく、バランスのとれた食事がいちばんだからです。よりよい食生活が健康な体をつくり、これが元気な赤ちゃんを授かる準備につながる。私たちが思っているより、日本人の食生活は乱れている状態にあり、不妊の遠因にもなっていると細川さんは言います。子どもが欲しい人はまず食卓に彩りのよい食べ物をのせること。ここから始めることがひいては少子高齢化への歯止めになると言えそうです。【関連リンク】いくつになっても健康な赤ちゃんを産むために...「アンチエイジング」の大切さ細川モモさんインタビュー(ミキハウス)http://baby.mikihouse.co.jp/information/post-665.html
『CREA (クレア) 2013年 11月号 [雑誌]』 著者: 出版社:文藝春秋 >>元の記事を見る

■ 関連記事・医師の鎌田實さん 「大学に行けなかったら寿司屋になる」と考えた理由"心理学"をもとに設計 コンビニは「心理術のワナ」の宝庫だったていねいに暮らして10年 雑誌『天然生活』が創刊10周年を感謝

■配信元
WEB本の雑誌