写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本には、さまざまな地域の言葉や方言があります。方言を聞くと、故郷を思い出し、なんだかホッとするという人も多いのではないでしょうか。方言も、男性がよく使う言葉、女性が使う言葉があります。世の男性陣は、女性の何気ない会話から「可愛いな」と感じることも多いようです。今回は、女性が使う方言で、思わずギュッとしたくなるような言葉を集めてみました。

■「好きじゃけん」

男性が話すと怖い印象を受けそうですが、女性が話すと愛らしく、可愛いと評判なのが広島弁。広島出身の女性に聞いたところ、「きつく聞こえそうだから気を使う」そうですが、他地域からすると、弾みのある優しい言葉に聞こえることもあるようです。

■「ばり、好(す)いとうよ」

これは、九州・博多エリアでよく聞く言葉です。意味は「大好き」という言葉ですが、勢いのあるアクセントと、語尾になるとゆるくなる発音が魅力ですね。

■「好きばい!」

くまモンでもお馴染みの熊本弁も可愛いと人気のある方言です。出身が熊本市の森高千里さんの曲『この街』にも登場しています。同じ九州である博多弁と近い言葉もありますが、独特のイントネーションを持つ言葉も多いようです。「ひとつ」のことを「いっちょ」と数えるなどの特徴があります。

■何を話しても可愛い京都弁

「おおきに」「おこしやす」「なにしてはるの」など、京都弁は何を話しても可愛いと感じる男性が多いようです。筆者の周囲の男性を中心に調査を行ったのですが、「同じ関西弁でもペースや話し方の異なる京都弁は別物」という意見が聞かれました。もちろん、使う人によって印象は変わってきますが、ゆっくりと話す京都弁は、やはり人気が高いようです。

ほかにも、「だっちゃ」などの語尾が印象的な宮崎弁や、肯定するときに使う「んだ」が素朴な東北弁など、それぞれの地域ごとの言葉がありました。可愛くてギュッとしたくなるのは、もちろん相手やシチュエーションにもよりますが、それぞれの地域に根付いた言葉はやはり独特の持ち味があります。東京で方言を使うのは恥ずかしいと考えている人がいたら、思い切って話してみると良いことがあるかもしれませんよ。あなたにも、好きな方言はありますか?

文●青山 みなみ(エフスタイル)