秘部に人面瘡ができてしまったヒロインを熱演する岩佐真悠子/[c]2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会

写真拡大

岩佐真悠子がフルヌードで主演を務め、人気作家・姫野カオルコの同名小説を映画化した話題作『受難』(12月7日公開)。修道院で慎ましい生活を送っていたヒロイン・フランチェス子の女性器に、ある日突然、人面瘡ができてしまうという奇想天外な物語が描かれる本作の、衝撃的すぎる予告編が公開された。

【写真を見る】自分の股を覗き込み、アソコの人面瘡と会話をする岩佐真悠子。とてもシュールだ/[c]2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会

この度公開された予告では、さまざまなシーンを大胆かつ体当たりで演じている岩佐の姿に「ここまでやるの!?」と驚かされること必至だ。平然と「オマ●コ」というセリフを口にするのは序の口、おもむろにパンティを脱いで自身のアソコを覗き込んだり、「私とヤリたいって思いますか?」と男に積極的に尋ねたりと、とにかく“熱演”という言葉がぴったり。全裸で疾走するシーンまであり、岩佐の女優魂が十分に伝わる映像となっている。

とはいえ、過激さばかりが前面に押し出されているというわけではない。「あまちゃん」で話題を呼んだ大友良英が手掛ける音楽と相まって、どこかコミカルで、ほのぼのとした印象を受けるのだ。果たしてどのような仕上がりになっているか、公開がいまから待ち遠しい。【Movie Walker】