写真提供:マイナビニュース

写真拡大

どんなに仲が良い同棲カップルでも、一緒にいる時間が長すぎると、息苦しくなるときがあるかもしれません。一緒に暮らすなかで、“独りになりたい”と思ったことはありませんか? そんなとき、みなさんはどこで独りになるのでしょうか。そこで、同棲経験者にアンケートを行い、本音をリサーチ。あわせて、独りになったときは、どんなことをしているかも尋ねてみました。

■あなたは誰かと一緒に暮らしていて「独りになりたい」と思ったことはありますか?
ある…42.4%
ない…57.6%

■「ある」と答えた人に質問! お部屋のなかのどこで独りになりたいですか?(複数回答)
1位:トイレ…39.3%
2位:お風呂…37.9%
3位:その他…30.8%
4位:ベランダ…11.8%
5位:ロフト…0.5%

なんと、同棲経験者の約4割が、「独りになりたい」ときがある(あった)ことが判明! ずっと一緒にいたい派の人にとっては、考えさせられる結果ですが、相手を気疲れさせないためにも、“一緒にいることを休む”時間は必要とも考えられる回答でした。
また、独りになりたい場所として一番多く挙げられた場所は、「トイレ」。続いて2位は「お風呂」でした。やはり、個室になりやすい空間が人気のようです。それでは「どんな理由で」、「どんな風に」過ごしているのでしょうか?

【考えごとに専念!】
・「トイレに閉じこもっています。将来について、漠然と考えたりしています」(女性/東京都/27歳/学校・教育関連)
・「物思いにふけりたいとき客間へ。猫とじゃれ合ったりしながらボーっとします」(女性/埼玉県/30歳/金属・鉄鋼・化学)
・「落ち着いて考えごとをしたいときに、独りになれるベランダへ。仕事のことを考えています」(男性/長崎県/47歳/ソフトウエア)

回答のなかにチラホラと出てきたのが、「何かを考えなくてはいけないときに、誰にも邪魔されない場所へ移動する」という意見。独りじゃないとアイデアが生まれない、話しかけられると集中力が削がれる! などの理由で、どこかに閉じこもりたくなるようです。

【ケンカ後の駆け込み場所!】
・「ケンカしたとき、長時間、独りになれるからお風呂に。長風呂をします」(女性/神奈川県/30歳/アパレル・繊維)
・「ケンカしたら独りになりたいので、涼しく静かなベランダへ。iPhoneでゲームをします」(女性/東京都/28歳/商社・卸)
・「相手がイラついているときに、自然な感じで独りになれるトイレやお風呂へ。本を読んでいます」(男性/千葉県/28歳/運輸・倉庫)

ケンカの後に、独りになりたいのも共感できますよね。ただ、最後の回答のように「自然な感じ」を心がけている人も結構いるよう。大騒ぎするのも大人気がないので、「ケンカしたことなんか気にしてない」といった空気感を出し、さりげなく行動したいようです。

【趣味に没頭!】
・「趣味に没頭したいとき、静かな書斎へ行きます」(男性/愛知県/27歳/自動車関連)
・「静かに集中して相手と話したくないときは、自分の部屋を締め切って閉じこもります」(女性/千葉県/30歳/その他)

共通の趣味を一緒に楽しむのならいいけど、分かち合えない趣味に対しては無理やり絡んできてほしくない……そんな気持ちが垣間見える回答も。たとえば、「趣味のゲームやアニメを楽しもうと思ったときに、自分のことを観察されていたときは息が詰まった」という人もいました。

こういった回答のなかで、少数派の意見として出てきたのが、「相手にずっとベタベタされてうっとうしかったので、外を歩き回った」(女性/東京都/27歳/団体・公益法人・官公庁)と、“部屋からいっそ飛び出してしまった”というもの。同棲相手と長くうまく付き合っていくためにも、重苦しい空気にならないように注意しつつ、たまには独りで息抜きすることが必要なのかもしれませんね。あなたが、“独りになれる”場所は、どこですか?

文・平井ライラ(エフスタイル)

【アンケート対象】
調査時期 : 2013年7月12日〜2013年7月29日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数 : 498名
調査方法 : インターネットログイン式アンケート