中尾明慶に父親の決意…「精進して俳優業を」

写真拡大

 女優・仲里依紗(23)とのあいだに第一子が誕生した中尾明慶(25)。父親になった喜びを「カワイイです!『目の中に入れても痛くない』という言葉がありますが、本当に痛くないと思います!」と語り、「もっと精進して、俳優業を磨いていかないと」と気持ちを新たにした。

 10月12日、映画『キッズ・リターン 再会の時』の初日舞台挨拶が都内で行われ、平岡祐太(29)、三浦貴大(27)、中尾明慶、倉科カナ(25)らキャスト陣と清水浩監督が登壇。先日行われたバンクーバー映画祭に出席した清水監督が「中尾さんに第一子が生まれたことを現地で聞いて……」と切り出すと、会場からは大きな拍手が。

 同作は北野武監督の映画『キッズ・リターン』(1996年)の続編。オーディションで役を勝ち取ったという中尾は「自分の好きな映画に絶対出たいと思ったんです。それだけに思い入れもありますし、不安を吹き飛ばしてくれるくらい良い現場でした」と自信たっぷりの様子。

 また、劇中で描かれる“男の友情”の話題になると「昨日、地元の友達がいきなり家に来て、お祝いにオムツを4箱も持ってきてくれました」と話し、笑いを誘った。

(撮影/河崎文雄)