『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会

写真拡大

12月7日から公開される映画『受難』から予告編が公開された。

【予告編を見る】

姫野カオルコの同名小説が原作の『受難』は、性への好奇心に悶々とする清らかな女性・フランチェス子と、彼女の女性器に突然現れた人面瘡の「古賀さん」の共同生活を、セックスシーンやフルヌードシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いた作品。

今回公開された予告編では、主人公のフランチェス子役を演じる岩佐真悠子が、人面瘡の古賀さんに「バカ」「身の程知らずのダメ女」などと罵られながら、奇妙な共同生活を送る様子が捉えられている。また、全裸で疾走する場面、岩佐が自らの股間を覗きこむ姿、男性に対して性的な質問をする場面など、赤裸々に性を描いたシーンも盛り込まれているほか、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽でも知られる大友良英が手掛けた劇中音楽の一部も聴くことができる。