ポイント交換先で「価値」は5倍以上も変わる! 貯めるポイントの「出口戦略」から考える クレジットカードの選び方とおすすめカードとは?

写真拡大

 世の中にはさまざまな種類のクレジットカードがある。だからこそ、自分が利用しているクレジットカードと、それ以外のクレジットカードを比較して、少しでも得をするカードを選ぶことが重要だ。

 特に、クレジットカードの場合、「利用すればポイントが貯まる」というのは理解していても、実際に「貯まったポイントがどう使えるのか」を意識していない人は多いのではないだろうか。

 例えば、大手のクレジットカード会社のポイント制度では、貯まったポイントを商品と交換できるところも多い。

 しかし、そのポイント制度では「何ポイント」で、「どんな商品」に交換できるのかをちゃんと理解しているだろうか。

 実は、クレジットカードのポイント制度で交換できる商品というのは、それほど還元率が高くないことが多い。だからこそ、「貯まったポイントの使い道=出口戦略」を考えて、クレジットカードを選ぶ必要があるのだ。

 そこで、今回はできるだけ具体的に、「何ポイント」で「どんな商品」に交換できるのかを見ながら、「貯まったポイントの使い道」がそれでいいのかを考えるヒントにしてもらいたい。

月間利用額5.3万円で5年間、合計300万円以上利用して
交換できる商品が1万2000円の「ビーズソファ」でいいのか!?

「クレジットカードの平均利用額は月5.3万円。平均的日本人がもっとも得するカードとは?」という記事でも紹介したように、日本人のクレジットカードの平均利用額は月5万3000円(あるクレジットカード会社の2012年度の調査結果)。

 では、月5万3000円を5年間、総額318万円を利用した場合に貯めるポイントで、実際に何に交換できるのかを見てみよう。

 某有名クレジットカード会社のポイント制度の交換商品を調べてみると、総額318万円を利用して貯まるポイントで交換可能なのは定価1万2600円の「ビーズソファ」だ。

 もちろん、「ビーズソファ」そのものが悪いわけではない。きっと体を優しく包み込んでくれて、とてもリラックスできるいい商品なのだろう。

 また、そのポイント制度では「電子マネー」にも交換することが可能だが、同じ月5万3000円を5年間、総額318万円利用した場合の交換金額は1万5000円分。つまり、ポイントを何かに交換する場合の還元率は0.5%前後ということになる。

 もちろん、クレジットカードで貯まるポイントの「出口」を比較したことがなければ、「ビーズソファ」がもらえるだけでもうれしいのかもしれない。しかし、300万円以上もクレジットカードを利用して、交換可能な商品が低下1万2600円の「ビーズソファ」というのは、クレジットカードを比較すればいかに還元率が低いのかを実感できる。

 では、貯まったポイントの「出口」として、「キャッシュバック」や「マイル」を選んだ場合はどうなのか。具体的に定価1万2600円の「ビーズソファ」と比較してみることにしよう。

高還元率のレックスカードなら、同じ利用金額で
「ビーズソファ」4つ分の金額が節約できる!

 まずは、「キャッシュバック型」の代表として、貯まったポイントをクレジットカードの支払代金に充当できる「Jデポ」というポイント制度を持ち、1.75%の高還元率なクレジットカードとして有名な「レックスカード」の場合を見てみよう。

■レックスカード
還元率 1.75%
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2500円(50万円以上利用で次年度無料)
家族カード あり(年400円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)