官房長官、特別警報の見直し検討

ざっくり言うと

  • 菅官房長官が18日、気象庁の特別刑法の運用見直しを検討する考えを示した
  • 伊豆大島で多くの犠牲者が出た台風26号では、特別警報が発表されなかった
  • 警戒の内容や伝え方の改善を早急に検討する必要があると述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング