「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」に出展

写真拡大

マツダは東京・赤坂の東京ミッドタウンで開かれる「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013(トウキョウ ミッドタウン デザイン タッチ)」に、2013年10月18日から27日にかけて、「マツダ 魂動(こどう)デザイン フィロソフィー展示」ブースを出展する

「魂動デザイン」を全面採用したアクセラ、CX-5、アテンザを展示

11月21日発売予定(予約受付中)の新型「マツダ アクセラ」などが展示される。新型「アクセラ」にはマツダの最新技術を織り込んだ。クルマの主要パーツの基本性能を底上げして燃費と環境性能を高める「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」や、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」などを採用した。日本メーカーとしては初めて、同一車種でガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを用意する。メーカー希望予定小売価格は消費税込みで171万1500円〜298万2000円。

なぜ車が「デザイン」をテーマにしたイベントに出展するのか。その理由は、「アクセラ」が「ひと目見て乗りたくなる」外観にこだわり全面採用した、マツダの新世代デザインテーマ「魂動〜Soul of Motion」だ。マツダはデザインについて「クルマに、命を与える」ものと考えている。車を、単なる機械として向き合うのではなく、命あるものとして手掛けているのだ。今回の「魂動デザイン」も当然その延長線上にあり、生命感と品格をあわせ持つという。

執行役員デザイン本部長前田育男氏は、「自分たちが創る作品により、人と機械という関係を超えて、まるで愛馬と心を通わせるように、乗る人とクルマの関係を、よりエモーショナルなものにしたいと考えています。その為の造形を追求し続けるのが、マツダの『魂動』デザインです」と説明。「この想いが具現化されたクルマが一同に揃うこの機会に、ぜひマツダデザインの美しさを感じていただけますよう、会場に足をお運びください」と自信をのぞかせた。

出展ブースには、魂動デザインの原型であるオブジェや、新型アクセラと同じく「魂動デザイン」を全面採用したCX-5、アテンザが特別展示され、「魂動デザイン」を体験できる。