「オトナの部活」で、心も身体もシェイプアップ

写真拡大

全米で人気を博し、日本でも雑誌で特集されるなど注目を浴びるファンクショナル・トレーニング。その専門ジム「REAL FIT(リアルフィット)」は2013年10月19日、「REALFIT東京オペラシティ初台店」をオープンする。横浜店、高田馬場店に続く3号店で、最大規模となる。ニューヨークの雰囲気が漂うスタイリッシュなスタジオだ。

ダイエット継続の秘訣は「ソーシャルトレーニング」!

ファンクショナル・トレーニングは、安定性やバランス能力を向上させることで、身体の機能を高めるのが狙いだ。固定マシーンで辛い負荷をかけて行う従来のトレーニングと異なり、自分の体重を負荷として行い、普段の生活で使う筋力・柔軟性を無理なく、楽しく、そして短時間・短期間で高めることに重点を置く。「座る」・「立つ」・「歩く」・「走る」・「飛ぶ」といった人間の基本的な動作をスムーズにかつ魅力的におこなえるようになるという。

「REAL FIT」では「ソーシャル・トレーニング」を採用し、このファンクショナル・トレーニングを、大音量の音楽の中、コーチ陣含む参加者全員が励まし合いながらおこなう。大きな声援につつまれ、仲間とともにチャレンジすることで一体感が生まれ、一人では続けにくいトレーニングも楽しくできる。また、自重を負荷に行うトレーニングなので、性別、年齢、体力を問わず、誰もが仲間となって同じトレーニングを行うことができるのも特徴だ。いわば「オトナの部活」で、心も身体もシェイプアップできるというわけだ。

クラスは、人間の動作の基礎である体幹や骨盤などの動きを正しく身につけ、「効率よく確実に理想の身体を手に入れる」ための基礎クラス「REAL FIT BASIC」と、高強度サーキット・トレーニングをおこなう「SPEED SHAPE」を開講する。後者については「45分で300〜900kcalを消費。更にマシーンを使わないため、インナーマッスルも鍛えられる」(担当者)といい、いずれのクラスについても、「クラス終了後は、確実に身体が変わっていくことが実感できる」(担当者)という。

会費は月額1万4700円で、回数制限なしですべてのクラスに参加できる。営業時間は曜日にもよるが原則7時から23時までで、金曜定休(祝日の場合は営業)。