斉藤和義が長澤まさみに「脚がきれい!」とストレートな告白

写真拡大

いくえみ綾の大ベストセラーコミックを映画化した『潔く柔く きよくやわく』(10月26日公開)。第26回東京国際映画祭での公式上映を記念して、10月18日に六本木ヒルズアリーナでスペシャルトークイベントが開催。長澤まさみ、新城毅彦監督、犬童一心監督、古厩智之監督が登壇。主題歌「かげろう」を担当した斉藤和義もサプライズで登場し、「まさみちゃんの脚、きれいだな!」と語るなど、それぞれが“女優・長澤まさみ”について、愛あふれるトークを繰り広げた。

【写真を見る】斉藤和義も絶賛!ミニスカート姿で美脚を披露した長澤まさみ

本作は、忘れられない過去を抱えた男女が出会い、愛を育んでいく姿を描く美しいラブストーリーだ。長澤の魅力を最大限に引き出してきた監督たちが「長澤を一言で表すと」とのお題に答えることになったこの日。本作のメガホンを取った新城監督は「元気になる」と答え、「真っ直ぐに育ってきた稀有な女優さん。彼女が現場に来ただけで、みんなが元気になる」と長澤を存在感を絶賛。

「犬」とのボードを掲げたのが、長澤の初主演映画『ロボコン』(03)を手掛けた古厩監督だ。当時の長澤はまだ中学生だったというが、古厩監督は「なかなかひどかったんですよ。毎日、静岡に帰りたいと言っていた」と述懐。さらには「すごく不自由に見えて、もっと体を動かせば良いのにと思っていた。犬って嬉しかったら、尻尾をふるじゃないですか。そうなれば良いなと思っていたら、だんだん伸び伸びと動き出すようになった」といい、「『潔く柔く きよくやわく』もすごく良かった!心の傷を負っている主人公の、薄いひだのようなものを感じた。大人になったね」と目尻を下げていた。

『タッチ』(05)でメガホンを取った犬童監督は「『ロボコン』の大ファンだった」と振り返る。「僕、実はそれまで漫画の『タッチ』を読んだことがなくて。ただ企画の段階で、主演は長澤まさみで考えていると聞いて、あの『ロボコン』の女の子を撮らないともったいない!と思ったんです。『タッチ』は、長澤まさみがスターだということを集約するために撮った映画」と長澤への深い思いを告白。

お題には「“直”とか“白”のイメージ」と答えたが、これには長澤も「バカ正直なところがあって、損をすることもあるけれど、ひとつのことに没頭できているのかな」と自己分析。「10代の頃は自分に自信がなくて、とにかく頑張らなきゃと駆け抜けていた。女優をやっていく意味が少しずつわかってきた気がして。人生が重なっていくことで、映像として滲み出ていくことがあるんだなと感じました」とこれまでの道のりに思いを馳せていた。【取材・文/成田おり枝】