●汝の名は侵略者

(画像:「アウトブレイク・カンパニー」公式Webサイトより)
©榊一郎・講談社/OBC製作委員会

<キャスト>
加納 慎一:花江夏樹
古賀沼 美埜里:内田真礼
的場 甚三郎:藤原啓治
ペトラルカ・アン・エルダント三世:渕上舞
ガリウス・エン・コルドバル:三木眞一郎
ザハール宰相:一条和矢
ミュセル・フォアラン:三森すずこ
エルビア・ハーナイマン:上坂すみれ

●ストーリー
加納慎一は自宅警備員であった。およそ一年間に及ぶ自宅警備員の生活は親によって強制的に終了させられた。そんな慎一が切羽詰まった挙句に、就活で手にしたのは異世界でオタク文化を紹介し広める仕事だった。殆ど拉致に近い状態で慎一が連れてこられた先はドラゴンが普通に空を飛ぶ神聖エルダント帝国だった。そこで出会ったハーフエルフのミュセルや神聖エルダント帝国皇帝のペトラルカとも仲良くなり、慎一の仕事は順調に滑り出したかに思えた。そんな矢先に過激組織によるテロ事件が発生する。果たして慎一は「萌え」で世界を改革することが出来るのか。
●学校へ行こう!
ミュセル「あそこに学校というものが出来るのですね!」

神聖エルダント帝国へ日本のオタク文化を伝える大きな壁である言語、それを乗り越えるために加納慎一は学校の建設をする事にしました。

※神聖エルダント帝国では日本語はもちろん、国民の自国での識字率はかなり低いようです。

そこにやってきたペトラルカですが…。
●おっぱ○の大きさ
驚くべきことにペトラルカは基礎的な漢字の学習も行っている様子。しかも、

ペトラルカ「生麦、生米、生卵!」

早口言葉も覚えたようです。

学校の建設現場からやってきた古賀沼 美埜里がおっぱ○の谷間を強調したタンクトップ(本来の仕事着らしいです)を着ていると、

加納慎一、古賀沼 美埜里のおっぱ○をガン見!

ペトラルカ「慎一は胸の大きい女が好みなのか?」

ペトラルカは加納慎一の好みに対して少々不満がある様子。

加納慎一「胸が小さいなら小さいなりの良さもあるよ!

加納慎一、おっぱ○のストライクゾーンの広さをアピールするも…。

ペトラルカ「慎一が使用人を孕ませぬか見張っておかねばならぬな!」

ミュセル、顔が真っ赤になる!
●テロリスト
それから数日後、驚くべき事にミュセルが翻訳指輪無しで日本語を話しました!

しかし、ペトラルカは加納慎一が常にミュセルの事を話に出す事へ嫉妬。学校が開学した日にミュセルに対して屋敷からの退去を命じますが、それを咎める加納慎一。

そんなとき、学校内にフードを被ったテロ集団が!ペトラルカの護衛兵を殺害し、ペトラルカ自身も囚われてしまいます。

加納慎一、ミュセル、古賀沼 美埜里他全員捕縛され翻訳指輪も取り上げられますが…。

ミュセルがテロリストの会話を日本語に翻訳したところによると、テロリストは日本のオタク文化ごと学校を焼き払おうとしている様子。

テロリスト「貴様が人間と亜人種どもを平等にしようと企んでいる首謀者だな!」

テロリストは一種の選民思想により、加納慎一に対して厳しく問い詰めますが、加納慎一は徹底口論します。そしてテロリストは彼を斬首しようとしますが、

ペトラルカ「そいつは只の使いっ走りじゃ!そいつが殺されても日本国は痛くも痒くもないぞ!寧ろわらわは悲劇のヒーローとして利用するまでじゃ!」

するとテロリストは彼の斬首を止めて放り投げますが、その先は、

古賀沼 美埜里のおっぱ○の谷間!

実は古賀沼 美埜里のおっぱ○の谷間にはナイフが忍ばせてあり、この隙を突いて捕縛用のロープを解く事に成功!
●携帯電話の魔法
加納 慎一「あと10分(午後7時)持ち堪えれば何とかなるかも!」

その10分後とは、午後7時に携帯電話から目覚ましアラームが流れるというもの。

※それを魔法の詠唱だと欺く作戦のようです。

とにかく敵の囲いが手薄になった隙に古賀沼 美埜里が抜け出し、敵を全滅させることに成功します。

テロリスト「皇帝も道連れに!」

とテロリストがナイフをペトラルカに投げるも、間に入ったミュセルにナイフが刺さる!

ペトラルカ「お前、どうして…。」
ミュセル「あの漫画を信じてみたくて…。みんなが平等な世界を…。」


「アウトブレイク・カンパニー」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第2話「身分制度による差別」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第1話「自宅警備員がメイドや幼女皇帝と戯れるアニメ」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「アウトブレイク・カンパニー」TVアニメ公式Webサイト