IPSパネル、NANO FULL LEDのほか4.1チャンネルのスライディングスピーカーも初搭載したLA9700シリーズ

写真拡大

LGエレクトロニクス・ジャパン(東京都港区)は2013年10月17日、フルHD(高精細度映像)の4倍の画素で表示する4K解像度に対応したSmart TV「LA9700」シリーズを、11月上旬から全国で発売すると発表した。65型と55型の2種類で、価格はいずれもオープン。予想実売価格は65型が65万円前後、55型が45万円前後。

IPSパネル搭載 モバイル端末と映像共有

LA9700シリーズは、水平3840×垂直2160画素の超高精細の解像度を持ち、その潜在性をさらに引き出すために、55型・65型の4K対応テレビとして初めて178度と広視野角のIPSパネルと描写力を引き出す直下型LEDバックライト技術「NANO FULL LED」を搭載した。さらにLG独自の液晶分子配列により、色合いやコントラストは見るときの距離に左右されることがなく、大画面でみずみずしい色彩や、まさにその場にいるような臨場感が楽しめるという。

また、4K対応Smart TVのために新開発された超高画質エンジン「Tru-ULTRA HDエンジン」により、4K映像の表現が向上したばかりでなく、一般的なハイビジョン放送やDVDなどもアップコンバート。「フォーマット分析」「超解像映像生成」「4Kアップコンバート」「エンハンス」という4ステップの調整で4Kに迫る再現が可能になった。

デイスプレーには「映像に没頭できる」デザインを凝らし、画面を際立たせる極細フレームを採用。テレビから余計な枠を排したうえ、LGが開発した「CINEMA SCREEN」はさらに改良が加えられて、4K対応テレビでは最薄となる約1センチを実現。幅・奥行ともにコンパクトになった。

Smart TVの名称通り、LA9700シリーズでは、ビデオ・オン・デマンドやゲームからSNSまで、さまざまなネットワークコンテンツを楽しむことが可能。入力されるすべての信号を4K表示にアップコンバートする。また、スマートフォンやタブレット端末と接続し、それらの動画や画像を大画面で見られるなど、モバイル端末を使ってさまざまなコンテンツ共有ができる。