「お金持ち」になれるかは年収だけで決まらない

写真拡大

多くの人が憧れ、目標にする「年収1000万円」。けれど実際は、1000万円稼いでも幸せなお金持ちになれるとは限らない──。一方で「年収300万円」でも幸せなお金持ちになる人がいます。それは「お金の主人」になること。「お金の主人」になるために必要なこと、教えます。

◎話を聞いたのは 
伊藤邦生さん 国内大手金融機関勤務を経て、不動産投資のコンサルタントに。多数の成功者を輩出した経験を踏まえた著書『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』(中経出版)がベストセラーに!

高収入のエリート社員が借金に追われる理由とは

 年収1500万円超、高級ブランドのスーツ、靴、鞄でビシッと身を固めた一流証券会社勤務の30代・独身。かたや年収300万円、服装も印象もジミ目な妻子持ちの公務員の30代──「2人のうち、将来どちらがお金持ちになりそうか?」。そう問われたら、前者の証券マンを挙げる人が圧倒的かもしれない。

 だが、「お金持ちになれるかどうかは、実は年収は関係ありません」。自身、証券会社勤務を経て、現在は不動産コンサルタントとして多くの成功者を輩出してきた伊藤邦生さんはそう断言する。

 いったいどういうことか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)