写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテル(千葉県浦安市)では、11月7日からクリスマスシーズンがスタート。今年は、皆でクリスマスを分かち合う"Christmas Together+"をテーマに展開する。

幕開けとなる11月7日は、ホテル館内が一気にクリスマス色に染まる。イルミネーションがホテル全体を包み、クリスマスシーズンの訪れを知らせする。

○2階には「クリスマスヴィレッジ」が登場

11月17日には、今年で7回目を迎える「クリスマスツリー・デコレーション・コンテスト2013」を開催。公募で選ばれた8組が、ツリーにデコレーションする。

2階ロビーには、お菓子の家をイメージした「クリスマスヴィレッジ」が出現。絵本の世界から飛び出したようなヴィレッジ内のクリスマスハウスでは、クリスマスならではのかわいらしいお菓子など、子供も喜ぶプチギフトを販売する。期間は11月7日〜12月25日。

12月8日は、浦安市の少年少女合唱団「ポコ・ア・ポコ」によるクリスマスソングやハンドベルの演奏が行われる。また、カフェ「トスティーナ」で予約販売を行うクリスマスケーキ"クリスマスショコラ"を10mのスペシャルバージョンで披露し、カッティングサービスで振る舞うイベントも行う。

公認サンタと会話や記念撮影も!

更に今年は、フィンエアーとのコラボレーションでサンタクロース財団公認のサンタクロースが来場者をグリーディング。ロビーにあるクリスマスヴィレッジで、サンタクロースとの記念撮影や、サンタクロースと話をすることもできるという。

サンタクロースとの記念撮影及びグリーティングは、12月6日〜10日に開催。1日3回(17時〜18時、18時30分〜19時30分、20時〜21時)実施する。

(フォルサ)