写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TAGAWAコールマイン・フェスティバル実行委員会は11月2日・3日、「第8回 TAGAWAコールマイン・フェスティバル〜炭坑節まつり〜」を開催する。

○数千人が輪になって踊る「炭坑節総踊り」を実施

福岡県田川市は、"月が出た出た 月が出た サノヨイヨイ"で知られる「正調炭坑節」の発祥地。同イベントは同市の、その歴史と文化を後世に継承することを目的として、"市民の市民による市民のためのまつり"として実施されるもの。今年は、田川市の市制施行70周年を迎える節目の年であり、記念事業とあわせて記念式典を開催する。

田川市石炭記念公園をメイン会場として、初日に市制施行70周年記念式典、歌謡ショー、炭坑節の歌と踊り、「TAGAWAキャンドルナイト2013」を実施。また、今話題の光のマジック「プロジェクションマッピング」でサプライズを用意する。2日目には「伝統芸能」「踊りの祭典」、数千人が輪になって踊るメインのイベント「炭坑節総踊り」など、子供から大人まで楽しめるイベントが多数開催されるという。

また会場では、子供向け遊具「ふわふわ」の設置やミニ列車の運行のほか、飲食店やフリーマーケットも多数出店する。

開催日時は11月2日 10時〜19時30分、3日 11時〜16時。会場は、福岡県田川市・石炭記念公園ほか。その他、詳細は同イベントWebページを参照のこと。

(エボル)