写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本はこのほど、東京駅丸の内駅舎前にある換気塔(2基)の切下げ工事を実施すると発表した。2014年2月頃までに切下げを完了するとのこと。

東京駅丸の内駅舎(重要文化財指定)は昨年10月に保存・復原工事が完了。換気塔(2基)は総武快速線・横須賀線東京地下駅への空気の送り込み・排出のために必要な施設だが、「東京駅周辺地区の景観に配慮し、丸の内駅舎前空間の見通しを良くするため」(JR東日本)、切下げ工事が実施されることになった。

現在の換気塔は高さ約13m、幅約9m。改修後は換気塔の高さが約4mに切り下げられるとともに、約3mの庇(ひさし)を設置して東京地下駅の喚起機能を確保する。駅周辺の景観にも配慮した淡いグレー系の色調となり、庇にはガラス素材が採用され、丸の内駅舎と並行方向にルーバーも設置するという。

換気塔の切下げは2014年2月頃までに完了し、その後で庇の設置や仕上げ工事が行われる。なお、東京駅丸の内駅舎の駅前広場に関しては、全体整備計画も検討されており、計画の詳細は決まり次第、発表するとしている。