写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR西日本グループは、下関市が推進する「下関駅にぎわいプロジェクト」の一環として建設中のJR下関駅ビルに、ショッピングセンター「リピエ」を開業すると発表した。地上3階建ての1・2階部分を使用する複合商業施設で、店舗面積は約2,500平方メートル。

施設のコンセプトは、「ちょっとオシャレなデイリー&コンビニエンススタイル」。20〜40代の女性をターゲットに、レディースファッション、ファッション雑貨、生活雑貨、カフェなど計24店舗を展開する。施設名の「リピエ」は、「リピート(繰り返す)」と「ピア(船着き場)」を組み合わせた造語で、地元の人々が繰り返し通いたくなる海辺の場所をめざすとの意味を込めたという。同施設は2014年春の開業を予定している。

(佐々木康弘)