写真提供:マイナビニュース

写真拡大

名古屋鉄道は犬山線布袋駅(愛知県江南市)付近で進めている高架化工事について、26日始発から上り線を仮線に切り替える。

この工事は、愛知県と江南市が踏切渋滞や地域分断の解消、都市交通の円滑化などを目的に実施しているもので、名古屋鉄道は施工者として、2009年10月から仮線工事を進めてきた。今回の切替えで、布袋駅は2012年10月に切り替わった下り(犬山方面)ホームに続き、上り(名古屋方面)ホームも仮ホームに切り替わり、エレベーター付きの跨線橋が設置される。

同社は仮線切替えの後、引き続き高架橋本体工事に着手する予定。完成時の鉄道高架延長は約1.4km(江南市田代町〜布袋町間)。高架化により、踏切6カ所が解消される予定だ。

(佐々木康弘)