写真提供:マイナビニュース

写真拡大

神奈川県藤沢市の江の島周辺で、「ふじさわ江の島花火大会」が開催される。開催期間は10月19日、18時〜18時45分まで(雨天時は翌20日に延期)。

○特大2尺玉や音楽花火など、色とりどりの花火が夜空を彩る

3,000発以上の花火が打ち上がる同イベントでは、湘南エリアでは唯一、空中で直径約480mもの大きさになる「特大2尺玉」を見ることができる。当日は、鈴木恒夫藤沢市長の大会挨拶につづき、18時から3号・120 発、4号・120発、5号・60発、7号・14発、10号・5発を打ち上げる「Prologue〜序章〜」を実施。

その後、メッセージ花火や、コンピュータ制御による最先端の技術を駆使した音楽花火「memorial stage」と、芸術玉の数々や、色とりどりの花火で夜空のキャンパスに光の造形を描く「Art of fire〜光の造形〜」が行われ、江の島花火名物「金色の大瀑布」と「2尺玉」が大会のフィナーレを飾るという。

なお、会場では、境川河口左岸(東側)に有料観覧指定席(パイプイス席1人2,000円)を、2,500席設けているとのこと。

(OFFICE-SANGA)