写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京都府向日市寺戸町芝山で、竹の径および第6向陽小学校周辺を竹行灯で照らす、「竹の径・かぐやの夕べ」が開催される。開催日は10月19日、17時30分〜20時30分まで。

○寺戸大塚古墳には「かぐや姫」が登場

同イベントでは、竹筒に入れた水にろうそくを浮かべた「竹行灯」4,500本で夜道を飾るほか、紙行灯や手づくり竹行灯などを使用し夕闇の竹林を昔話の世界のように彩る。

第6向陽小学校付近では、オープニングセレモニーや「かぐや太鼓」、「琴の演奏」、「ジャズの演奏会」、お土産物の販売・飲食コーナーを出店する予定。また、洛西竹林公園周辺では、市民が作製した竹による作品のライトアップや、キャンドル作品を展示するほか、バイオリンやフルートの演奏も実施する。

なお、寺戸大塚古墳では、かぐや姫が平安絵巻そのままの装いで登場。フルートなどによる演奏が雰囲気を盛り上げるとのこと。

(OFFICE-SANGA)