<日本オープンゴルフ選手権競技 初日◇17日◇茨城ゴルフ倶楽部・東コース(7,320ヤード・パー71)>
 国内男子メジャー「日本オープン」が茨城ゴルフ倶楽部・東コースで開幕。父の仕事の関係でオマーンで生まれ、5歳からアメリカに渡った異色の経歴を持つ平井神人がアマチュア勢最高となる1アンダーの19位タイと上々のスタートを切った。
片山晋呉、08年以来の日本オープン制覇へ静かな闘志
 プロのトーナメントに出場するのは今大会が初めてだが堂々のプレーを見せた。「最初の3ホールは緊張していた」と語ったものの、1番から3番まで続く難関ホールをパーで切り抜けると、5番でバーディが先行。その後ボギーも出たものの、終盤に3つのバーディを奪取。リズムを刻むようなガッツポーズと共に日本最高峰の舞台を見事アンダーパーでホールアウトした。
 日本人離れした雰囲気と会話の中に混じる英語の発音がその経歴を物語っているが、父・隆行さんと母・千恵さんの間に生まれた日本国籍を持つ22歳。9歳の時にテレビで活躍するタイガー・ウッズ(米国)を見て「ゴルフでこんなにお金をもらえるんだ」とプロを夢見てクラブを握った。現在はサウスカロライナ州にあるゴルフコースで働きながら、研修生のようなスタイルでゴルフの腕を磨く日々だ。
 ゴルフを始めて以降は「よく怒られて、厳しかった」という父は8年前に他界。それでも、遺灰の入ったネックレスを肌身離さず身につけて今でも父と共に戦っている。「どこかで必ず見ていると思うので、父と自分も満足するゴルフをしたい」。今大会終了後にはプロに転向する予定。これまで日本に住んだ経験はないが納豆が大好きという22歳は最後まで粘り強く自分のプレーを貫いていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藤本、バーディ合戦から一転ガマン比べの戦いに挑む
片山晋呉、藤本佳則、川村昌弘が同組 日本オープン
冠水、倒木…台風26号被害も迅速な対応でコース復旧
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング