写真

写真拡大

寒い季節になると、恋人との距離がぐっと近づく気がしますよね。本当はもっと寄り添って、素直に「好き」と伝えたいのに、ちょっと照れくさくて反対の態度をとってしまうことってありませんか?

実はそれ……相手はとっても傷ついているかもしれません。そこで今回は、「ずっと一緒にいたい恋人に絶対送ってはいけないメッセージ5つ」をご紹介します。早速チェックしてみてくださいね。

■絶対ダメ! 大切な人を傷つけてしまうフレーズ5つ

(1)「本当に具合悪いの?」

ずっと楽しみにしていたデートを「ごめん……具合悪いから今日は無理」とドタキャンされてしまったとき、あなたはどんな態度をとっていますか? ちょっと怪しいかも……と思っていても、「本当に具合悪いの?」なんて言っては絶対ダメですよ。あなたへの評価がぐっと下がってしまいます。

「大丈夫?」「看病しに行っていい?」と優しい言葉をかけるようにしてくださいね。

(2)「誕生日今日だったっけ……?」

仕事や学校が忙しくて、大切な相手の誕生日をうっかり忘れてしまっても「あれ? 今日誕生日たっけ?」なんてセリフを口にしたらダメ! 高価なプレゼントがなくても、一緒にお祝いすることが大切です。思い出の場所や美味しい料理を食べながら、2人の時間を満喫してみてはいかがですか?

また、翌日になってしまったときなどは、「駆け込みセーフ! お誕生日おめでとう」とユニークなメッセージを送ったり、素直に「忙しくて準備できなかった」と謝った方がよさそうですよ。

(3)「返信するの忘れてた」

既読になっているのに、返信がないと「なんで返さないの?」「そんなに忙しいの?」と、モヤモヤした気持ちになってしまいますよね。

そんなときのために、どうしてもメッセージを返せないときは、「絵文字」や「顔文字」だけを送るなど、2人だけの約束をしておくと、よりラブラブ度がアップするかもしれませんよ。

(4)「1人になりたいから……」

精神的に追い詰められているとき、1人になりたいな……と思うことはありますよね。でも、それを恋人に言ってしまうと「もう一緒にいたくないの?」「別れたいの?」と受け取られてしまいますよ。

どうしても1人になりたくなったら、その理由をしっかり伝えてみてはいかがですか? あなたの選んだ相手なら、きっと理解してくれるはずですよ。

(5)「今日は友達と遊ぶから……」

私とは前から約束していたはずなのに、急に「その日は友達と遊ぶことになった」なんて言われると、ガッカリしてしまいますよね。でも、よく聞いてみると久しぶりに会った友人と偶然再会して……なんてことも。

あなたも突然友人との約束を優先すると、恋人に不信感を与えてしまいますよ。注意してくださいね。

【番外編】

・「予定が合わない」ことを理由に、何度もデートを断る

・「へ〜」「そうなんだ」など、話しかけてもすぐに会話が途切れてしまう

・異性がいる集まりに参加しても「行ってらっしゃい」と言うだけで、ヤキモチを焼いてもらえない

いかがでしたか? ちょっとでも思い当たる点があった人は要注意! 大切な相手を失う前に、態度を改めた方がよいかもしれませんね。

【関連記事】

「あれ?今震えた?」恋する女子は要注意!『ファントム・バイブレーション・シンドローム』

これであの人を落とせ!LINE恋愛術5つのテクニック

男女2人に1人が経験あり!SNSで出会いを求める時に気を付ける事とは?

【俺らドン引き】ココが変だよ!女子のスマホの使い方

SNSで見破れるかも!? 合コンでみんながついているウソ3つ

【参考】

goo ランキング - 恋人に大事にされていないと思う瞬間