毒ぶどう酒事件、再審に高い障害

ざっくり言うと

  • 52年前に起きた名張毒ぶどう酒事件
  • 最高裁は弁護側の新証拠が毒物鑑定を覆す証拠になり得ないとして、特別抗告を棄却
  • 今後はさらなる証拠を探す必要があり、弁護側は厳しい状況に立たされた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング