昔は聖飢魔IIのジャギ古川、現在は保険マンモス(株)の代表取締役を務める古川徹(ふるかわとおる)さん。

写真拡大

めちゃくちゃ売れてるマネー誌「ダイヤモンドZAi」の単行本シリーズ『保険は三角にしなさい!〜生命保険で500万円トクする魔法〜』の著者、古川徹氏は保険相談サイト「保険マンモス」の社長だが、かつてロックバンド、聖飢魔IIでドラムを叩いていたという異色の経歴の持ち主だ。ミュージシャンから保険のトップ営業マンになるまでの経緯を聞いた前半のインタビューに続き、後半では自ら保険相談サイトを運営する会社を立ち上げ、軌道に乗せるまでの紆余曲折を聞いた。

>>聖飢魔II時代の写真もある【前編】はこちら

――前回は旭化成を辞めて、ソニー生命で営業を始められるまでのお話を伺いましたが、初めての保険の営業はいかがでしたか?

 ソニー生命の営業には、旭化成とは違った面白さがありましたね。この会社には、企業の社長をあっという間に自分のファンにして支払保険料が億単位の契約を頂く人や、個人の保険を年間で300件積み上げるようなすごい営業マンが沢山いるんですよ。こういう人達はコミュニケーション力や人間的な魅力が半端なくあって、いい意味で「人たらし」が上手い人達なんです。見ていて本当に勉強になりました。

 一方僕はというと、基本に忠実に、保険という商品の必要性や魅力をしっかり説明していく地味な営業スタイルでしたね(笑)。

 入社して1カ月で「この仕事で生き残っていくには、紹介で顧客を広げていけるようになるしかない」と思ったので、最初の営業リストのお客様に対して基本に忠実に、丁寧に接して、2カ月目くらいからはもう最初のお客様からまた別のお客様を紹介してもらえるようになっていました。そのおかげで、営業成績も入社以来、割と安定していましたね。

――地道な営業スタイルがしっかり実を結んだわけですね。売れる営業マンとして、会社からの評価も高かったのではないですか?

 幸いそうだと思います(笑)。僕にはこの会社が合っていたんだと思います。わりとしっかりと営業成績を残しながら7年半順調にいって、エグゼクティブプランナーという、一般企業でいう部長クラスにまでいきました。これは専門職の一番高い位なので、部下はつきませんが、秘書を雇うことができるうえに、ちゃんと個室も与えてもらえるんです(笑)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)