宇宙最大の恒星に死期が迫る

ざっくり言うと

  • 宇宙最大の恒星に死期が迫り、最終的に爆発するだろうとの論文が16日に発表された
  • 1998年に最初に観測された同恒星は、約1万6000光年の距離にある
  • 直径は太陽の約3000倍で、これまで観測された恒星の中では最も大きい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング