数々のドラマや映画の主役のオファーが殺到しているであろう中、いよいよ明らかになった「あまちゃん」能年玲奈さんの次回主演作、映画『ホットロード』。原作の"伝説的少女漫画"『ホットロード』とは、どのような作品なのでしょうか?<<漫画『ホットロード』について>>作者は、紡木たく。1986年1月号から1987年5月号まで、『別冊マーガレット』にて連載された伝説的少女漫画です。集英社の少女漫画史上最速で、100万部を突破。全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇る作品です。<<あらすじ>>主人公は、宮市和希(能年玲奈)。中学2年生のある日のこと、和希は万引きで補導されてしまいます。その日は母親の誕生日。和希は母親への愛着と反発から万引きをしたのですが、母親は彼氏と会っていて、和希を警察に迎えに来ませんでした。和希の家には、亡き父親の写真がありません。母親は、昔から別の男が好きだったのです。その男には奥さんがいて、現在離婚調停をしています。そのような家庭環境で育った和希には、人を愛するということが、分かりません。学校の友人・絵里に誘われるまま、和希は夜の湘南で"ナイツ"という暴走族の少年・春山洋志と出会います。最初の出会いは、互いに傷つけ合う散々なものでした。しかし、和希は次第にハルヤマの魅力に気づき始めます。そんなある日。ハルヤマが、「オレの女にならない?」と和希に告白します。それは、後にハルヤマが「和希のことも、なんだよ素直じゃねーし、ナマイキでしょーがねー女ぁ。けど、オレみてーで、おもしれーじゃんって。いつものクセで、さっさとやっちまおーとも思ったし」と語るほど、軽い告白でした。和希は、ハルヤマが身を置く不良の世界に引き寄せられていきます。やがて、二人は自然に魅かれあい、和希は不器用にもハルヤマを愛し始めます。一方で、ナイツの総頭となったハルヤマは、敵対するチームとの抗争へと突き進んでいき――。物語の終盤には、このようなセリフがあります。「自分が誰かに、大切にされているんだってことを、本当に知っていたら、自分の命を粗末になんか、決してできないはずだよ。親でも兄弟でも友達でも、恋人でもいいから、そういう人が必ずいるんだってことを、だれがいつ、あの子たちにおしえてやることができるんだろう」『ホットロード』は、人が人を愛し、人に愛されることに気付く物語です。今から20年以上前の漫画ですが、本の中で描かれているテーマは普遍的で、色褪せません。大ヒットドラマ「あまちゃん」で等身大の女の子を演じ、国民的ヒロインとなった能年玲奈さん。『ホットロード』では、和希をどのように演じるのか、日本中が期待していることでしょう。
『ホットロード 完全版 1 (集英社ガールズコミックス)』 著者:紡木 たく 出版社:集英社 >>元の記事を見る

■ 関連記事・「何のために生まれてきたの?」 やなせたかしさんの最期の言葉指原莉乃がセンターになった理由は「介護をしてくれそう」だから?「ももクロ・百田夏菜子は長嶋茂雄である」 その理由は?

■配信元
WEB本の雑誌