「まどかマギカ」がオーケストラに、暁美ほむら役・斎藤千和も感激。

写真拡大

劇場版第3作目にして、初の完全新作となる「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」の公開を前にした10月16日、同作のオーケストラ・コンサートが東京・渋谷公会堂で開催された。

今回のオーケストラ・コンサートは、今年4月6日に八王子・いちょうホールにて開催された、「交響組曲『魔法少女まどか☆マギカ』」でも指揮を務めた志村健一が再び指揮を担当。創立から80年以上に及ぶ伝統と多くの実績をもつ東京室内管弦楽団が演奏を担当した。

また、司会には暁美ほむら役の斎藤千和が登場。多彩なフル・オーケストラに花を添えた。

斎藤は「すごく素敵でほれぼれしました! こういう形で『まどか☆マギカ』の世界が広められて光栄です!」と、今回のコンサートに感激。そして「私にとってもこの作品はとっても大事な作品です。私たちがアフレコをする時は音の無い環境なので、音楽が入るとこんなにも世界が広がるんだ、やっぱり音楽って大切なんだな、と改めて実感しました」と、素晴らしい世界観の広がりに感動した面持ちだった。

満席となった場内では、斎藤の影ナレが流れただけでどよめきが起こるほど。新たにオーケストラとして生まれ変わった楽曲の数々を一音たりとも聞き逃すまいと静まり返り、来場者は皆、一曲一曲真剣に耳を傾けた。

また、斎藤の劇中セリフが生アテレコされる中でのコンサートにファンは大興奮の様子。大勢の来場者が押し掛けた場内は静かな熱気に包まれていた。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」は10月26日、全国ロードショー。