韓国ダンスユニットが振り付けをパクった!? 米ダンサーが激怒 「なぜいつも盗むマネをするのか理解できない」

写真拡大

アメリカのヒップホップダンスクルーが、韓国のダンスユニットが振りつけを盗用したとして怒りをあらわにしている。米ダンスクルー「I.aM.mE」のメンバー、ブランドン・ハロルは Twitter で次のようにつぶやき、不満を募らせているのだ。

・「I.aM.mE」のブランドン・ハロルの投稿

「なぜ、ビッグアジアの企業が我々を雇って振りつけを担当させずに、いつも振りつけを盗むようなマネをするのか理解に苦しむ」

・「I.aM.mE」と「WIN」

「I.aM.mE」はアメリカのダンスオーディション番組、『アメリカンベストダンスクルー』のシーズン6で優勝を遂げたクルーだ。実力者ぞろいで、派手なパフォーマンスで人気を博した。

一方、盗用が指摘されているのは韓国の新人サバイバル番組『WIN:Who Is Next』のBチームである。この番組は、韓国の大手プロダクション「YGエンターテインメント」がスター発掘と新人育成のために、参加メンバーをAチームとBチームに分けて凌ぎを削らせるというものである。

・決めポーズが一致

「WIN」のBチームは2013年9月末に放映された番組内で、「I.aM.mE」のダンスに酷似したパフォーマンスを披露しているという。実際に動画を見てみると、酷似しているというよりもパフォーマンスの一部が、「I.aM.mE」そのものと言っても良いかもしれない。メンバー6人で織り成す決めポーズがまったく同じだ。

ブランドンはこれまでに10回も似たようなことがあったと嘆いている。パフォーマンスの参考にする程度であればまだいい。しかし、まったく一緒はあまりよろしくないように思うのだが……皆さんはどのように考えるだろうか?

参照元:Kpostarz(英語)、dcnews.in(韓国語)、Youtube TheVibe、JinHwan TH

この記事の動画を見る