第5回ギンザファッションウィーク開幕 プランタン初参加で「線から面に」規模拡大

写真拡大

 第5回「GINZA FASHION WEEK(ギンザファッションウイーク=GFW)」が、10月16日に開幕した。今回は松屋銀座と銀座三越に加えプランタン銀座が初参加し、3館が共同で企画した多彩なコンテンツを展開。初日の今日はオープニングセレモニーが開かれ、各店長がイベントの開会を宣言した。

第5回ギンザファッションウィーク開幕の画像を拡大

 「GFW」は、「世界のGINZAからファッションで日本を元気にする」ことを目的に、2011年10月から年2回にわたり開催されてきた。今回も東京で開催中の「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2014 SS」の会期に合わせスタートし、オープニングセレモニーでは松屋銀座の古屋毅彦店長と銀座三越の村上英之店長、プランタン銀座の伊藤雅彦店長がイベント趣旨や共同企画についてプレゼンテーションを行った。これまで2つの老舗百貨店が協業して実施してきた「GFW」に初参加することについて、伊藤店長は「(中央通り沿いの)松屋銀座と三越銀座に(外堀通り沿いの)プランタン銀座が加わることで、イベントが線から面に広がり回遊性が高まることに期待する。銀座は大人の街という印象が強いが、20〜30代が主要顧客の私たちも一丸となって銀座を盛り上げ、若い人にも街の良さを再発見してもらいたい」と説明。今回は3館の共同実施となったが、今後は街全体を巻き込んでさらなる規模の拡大を目指すという。

 5回目を迎えた「GFW」のテーマは、「日本の感性 GINZA WARM HEART」。期間中には佐藤卓が手がけた新ロゴが各館のショーウィンドウにあしらわれ、共同商品として各店のおすすめスイーツまたはメイド・イン・ジャパンをテーマに企画された雑貨が入った「お楽しみ袋」が数量限定で販売される。共同企画商品以外にファッションショーやワークショップなどイベントも多数実施予定で、期間は10月22日までとなっている。

■10月開催「銀座ファッションウィーク」プランタン銀座が初参加
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-09-18/gfw-1310-printemps/