写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日清食品ホールディングスは、トルコ共和国の「YILDIZ HOLDING A.S.」(以下、ユルドゥズ) との合弁による同社連結子会社「NISSIN YILDIZ GIDA SANAYI VE TICARET A.S.」(以下、日清ユルドゥズ) において、10月よりトルコで初となる即席麺の製造販売を開始した。

○味はトマト味など全3種

このほど発売する即席麺は「Makarneks」(マカルネックス)。同地の食文化にマッチする即席パスタで、商品名は、トルコ語で“パスタ”を意味する「Makarna」(マカルナ) と、“速い”を意味する「Ekspress」(エクスプレス) を組み合わせた造語だという。

トルコで市販されているパスタは乾麺が一般的で、ソースも別売であることが多い。そこで、「Makarneks」は多忙化する現地の生活スタイルに適合するため、お湯だけで麺とソースを一緒にわずか3分間で調理で きる簡便性を実現した。

味付けは、「トマト」「スパイシートマト」「チーズ」とトルコの嗜好を徹底的に研究して開発した3フレーバー。麺はトルコで好まれる柔らかめの麺質を採用するなど、徹底的な現地化をはかった。 価格は、現地でのワンコイン価格となる1トルコリラ (約50円)で、購入しやすい価格に設定した。

今後、日清ユルドゥズは、同社の商品開発力とマーケティング力、ユルドゥズの流通網を活用しながら、両社の強みを融合させ、トルコの即席麺市場を開拓していくという。

(フォルサ)