第2回「新作映画イッキに見せます!」は10月19日(土)に開催。新作映画58本の予告編・特別映像が上映される

写真拡大

10月17日(木)〜25日(金)に開催される第26回東京国際映画祭(TIFF)。世界各国の選りすぐりの作品が上映される映画祭のなかで、昨年好評を呼んだ企画が「新作映画イッキに見せます!」だ。これは「映画館に行こう!」実行委員会が主催となり、今後公開される新作映画の予告編や特別映像をイッキに上映するというもの。今年の開催も発表され、その内容に早くも注目が集まっている。

気になるラインアップは、キアヌ・リーブスが主演する『47RONIN』(12月6日公開)や、レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組んだ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(12月20日公開)、飛行機の世界を描くアニメ『プレーンズ』(12月21日公開)、若者に人気の小説を映像化した3部作の第2弾『ハンガー・ゲーム2』(12月27日公開)、『キック・アス』(10)の続編『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』(14年2月公開)など58本を予定。なかには、まだ予告編が公開されていない作品も含まれている。

また、当日は豪華ゲストも登壇予定。昨年は、スペシャルゲストに大槻ケンヂを迎え「安心・安全 アカデミー監督作品群!」や「役者の演技の妙に酔う!」などのテーマごとに映画を紹介し、会場を盛り上げた。また、“なんでも添削家”の赤ペン瀬川先生が映画を添削しながら紹介したことも話題に。今年の内容はまだ明らかになっていないが、昨年に引き続き、ユニークな視点で映画に触れられる機会になるはずだ。

なお、第2回「新作映画イッキに見せます!」は、10月19日(土)の10:30よりTOHOシネマズ六本木ヒルズのスクリーンNO.2にて開催。20日(日)にはBSスカパーにてその模様が放送される。この絶好のチャンスをお見逃しなく!【Movie Walker】