アルカイダ幹部「無罪」を主張

ざっくり言うと

  • 国際テロ組織アルカイダの幹部が、罪状認否で無罪を主張
  • 1998年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件に関与した疑い
  • 被告は米軍特殊部隊にリビアで身柄を拘束された後、米国に移送されていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング