●第乱話 なでこメドゥーサ其ノ肆

(画像:「<物語>シリーズ セカンドシーズン」公式Webサイトより)
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

●キャスト
阿良々木 暦:神谷浩史
阿良々木 火憐:喜多村英梨
阿良々木 月火:井口裕香
戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和
八九寺 真宵:加藤英美里
神原 駿河:沢城みゆき
千石 撫子:花澤香菜
羽川 翼:堀江由衣
忍野 忍:坂本真綾
貝木 泥舟:三木眞一郎
影縫余弦:白石涼子
斧乃木余接:早見沙織
虎:斎賀みつき
阿良々木 母:折笠愛
エピソード:入野自由
臥煙伊豆湖:雪野五月
忍野 メメ:櫻井孝宏
忍野 扇:水橋かおり
クチナワ:上田燿司

●ストーリー
本作「<物語>シリーズ セカンドシーズン」は「化物語」「偽物語」と同じ世界線上での物語です。
●まだ間に合う
阿良々木 暦「千石、その御札、床に置け!」

千石 撫子が所持していたクチナワ。そして御札。それは彼女にとってクチナワに対する贖罪であると考えていたものの、それは阿良々木 暦から見れば怪異を呼び出そうとしている寸前の状況に他なりません。

忍野 忍「そんな自分が可愛いと思っているだけの小娘なんぞ放っておけ!」
●メドゥーサ
千石 撫子は御札を飲み込むと、あの女の髪は真っ白な蛇となってしまいます。正にメドゥーサの如く。それを留めようとした忍野 忍は白蛇に締め付けられ、

阿良々木 暦「忍!」
千石 撫子「なんでなんで…。なんで私じゃなくてあの女を心配するの!暦お兄ちゃん!」

千石 撫子は阿良々木 暦をクチナワの剣で刺します。

それから、話は冒頭へ戻ります。
●妬み
全ては千石 撫子の妄想の産物。彼女の現実逃避から生じたクチナワの存在。

しかし、千石 撫子の妄想が暴走したため、それは怪異として現実に存在してしまったのです。

忍野 扇から知らされた話、それは彼女が神様を復活させる事で阿良々木 暦の恋人との関係を破綻させ、自分に恋の方向を向けることが出来るという事。

千石 撫子「そろそろ殺そうか、暦お兄ちゃんを!」

確かに彼が死ねば彼に恋人が出来ることは無いのですが…。それで解決するのでしょうか?
●戦場ヶ原 ひたぎから一言
そのとき戦場ヶ原 ひたぎから電話が!

戦場ヶ原 ひたぎ「私を殺していいから阿良々木君と忍さんを殺さないで!」

千石 撫子はその申し出を拒否。しかし、彼女は殺す順番を戦場ヶ原 ひたぎ→忍野 忍→阿良々木 暦とする事を提案。

しかも、戦場ヶ原 ひたぎはその時期を彼女達の卒業式の日まで引き伸ばす事をお願いします。

千石 撫子にとってそれを受け入れる事は正しいのでしょうか?
●予告編
半年後の卒業式の日、約束の日がやってきました。

そして千石 撫子にとって人間との訣別の日。

千石 撫子「ようこそ暦お兄ちゃん。可愛がってあげるね!」

「<物語>シリーズ セカンドシーズン」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「<物語>シリーズ セカンドシーズン」第14話「千石 撫子、豹変する!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「<物語>シリーズ セカンドシーズン」第13話「魔性」(ネタばれ注意)
【アニメ】「<物語>シリーズ セカンドシーズン」第12話「クチナワ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「<物語>シリーズ セカンドシーズン」第11話「総集編?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「<物語>シリーズ セカンドシーズン」第10話「真夏の夜の夢」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「<物語>シリーズ セカンドシーズン」TVアニメ公式Webサイト