14日深夜放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、ダウンタウンの松本人志が芸能人の声優挑戦について疑問を投げかけた。

番組は、松本らが芸能ニュースや時事問題について、独自の見解を披露していくワイドショー。松本が芸能人の声優挑戦について触れたのは、「ハクション大魔王」が実写ドラマ化される話題を取り上げたとき。松本は「話はズレるかもしれんけど」と切り出し、「アニメの吹き替えは、僕は声優さんにやって欲しいんですよ」と声優についての持論を展開した。

松本は「有名人を起用するの、なんかイヤでね」と主張。さらに、「宣伝的にもいいのかもしれんけど、(作品に)集中するためには、せっかくプロの人たちがいるから任せた方がいいじゃないか、って言いながら、相方(浜田雅功)はシュレックやったりしているけど」と、アニメ映画の吹き替えを担当した浜田の仕事にも触れ、笑いを誘った。

司会の東野幸治は、松本に同意しつつも、「実際に仕事のオファーが来たらオイシイなと思うのでは?」と浜田をフォロー。すると、松本は「僕は、声優の話は何度かきたけど、断っています」と明かし、「観る人の邪魔になる。(声優の)顔が浮かんじゃうと(作品に)入っていけないというのがあるんですよ」と自身の見解を示した。

これを聞いた東野は、言葉につまりながらも「僕も『風立ちぬ』の主役の声の庵野(秀明)さんが嫌で。ジブリの皆さん、ほんとすみません」と告白した。東野は「風立ちぬ」劇中のキスシーンで、庵野がキスしているようにしか想像できないという。これには、松本も同意していた。

そういう東野も、映画のキャスティングについては「動員力ですよ。映画っていうのは、みんながお金を集めてやるわけですから、主役はこの子っていうのがあるんですよ」と、有名人を主役にする事情は理解しているようだ。

【関連記事】
松本人志が体罰を一部肯定 「選んだらいいと思うんですよ。『体罰コース』と『やめてねコース』」
松本人志、新作でしてやったり!「『ざまあみろ』って思いました」
松本人志、「芸術」への批判にTwitterで不快感