指原さんも愛嬌で生き抜いてきた!?(13年9月撮影)

写真拡大

「アイドル戦国時代」と言われる昨今、華やかな衣装をまとい、歌い踊って人々を魅了し、ファンを獲得しようと多くのアイドルが躍起になっている。

そんな中、HKT48の指原莉乃さんが「歌とダンスはできない方が可愛いんです!」とテレビ番組で断言した。第一線で活躍する大人気アイドルの口からこんな発言が飛び出したことに驚きが広がり、アイドルファンからは様々な意見が出ている。

「おじさんは『全然ダメじゃん』って嬉しくなったり」

2013年10月14日放送の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)は、客席の小学生100人にレギュラー陣が生で授業を行うという初の試みだった。

指原さんは、アイドルになりたい子供たちのために「AKBになる方法」という授業を行った。

AKBになるには「3つのポイント」があるといい、1つ目は何と「歌とダンスは練習する必要はありません!」というものだった。

指原さんは元々アイドルオタクだが、昔から「踊れない子の方が可愛い。何か応援したくなったりする」という。

「アイドルのファンって今おじさんが多いじゃないですか。おじさんはできない子の方が可愛くて、『全然ダメじゃん』って嬉しくなったりする。下手くそでもそこから一生懸命頑張ってる姿にみんな惹かれると思う」とぶっちゃけたが、会場は「そうかなぁ…」という雰囲気だった。

ちなみに、残り2つのポイントは「握手会などでファンと目を合わせる機会がたくさんあるから、人見知りをなくすこと」「過酷な総選挙があるから、順位を付けられることに慣れること」というものだった。

「他のアイドルに失礼」「アイドルはそこそこでいい」賛否両論

この発言を受けて、アイドルファンからは賛否両論巻き起こっている。

元AKBファンで今はももいろクローバーZを応援している20代女性は、「そうかもしれないけどアイドルが自分で言うなと思う。ファンの足元を見られているようで腹が立つ」と憤る。

一方、アイドルの中ではパフォーマンス力が高いと言われるハロー!プロジェクトのファンで、「AKBは嫌いを通り越してどうでもよくなった」という20代男性は、意外にも指原さんの意見について「ちょっとできないような子を応援したくなる気持ちは理解できる」と話した。

歌とダンスのスキルがあまり高くないとされるモーニング娘。メンバーの生田衣梨奈さんも指原さんと同じことを言っていたそうだが、ファンは生田さんのキャラとして温かく見守っているという。「あからさまに努力していない子が言っていたら自分を正当化しているように感じるけど、努力が見えていればいいかな」とファン心理を明かした。

ネット上では、「そんなのが日本のトップアイドルて言われてるのかwwwwジャニーズとかハロプロとか他のアイドルに失礼」「こんなぬるい考えが日本で1番売れてるグループとか、早く終われ」「まあ全グループで数百人もいる中でダンスと歌頑張ってれば勝てると思ってるメンバーがいたら確かにそれは間違いだよな」「歌やダンスを求める人は歌手やダンサーの方へいくからな アイドルはそこそこでいいんだよ応援してる奴はそこまで求めてない」などと書き込まれている。

なお、指原さんの後にはSMAPの香取慎吾さんの授業があったが、「SMAPになる方法」として「歌とダンスは死ぬ気で練習しろ!」と諭し、会場の笑いを誘っていた。