アメリカPGAツアー(以下、米ツアー)の新シーズン(2013−2014年)が早くもスタート。日本期待の松山英樹と石川遼も、開幕戦のフライズドットコムオープン(10月10日〜13日/カリフォルニア州)に参戦した。結果は、前週のプレジデンツカップでも奮闘した松山が、通算14アンダーの3位タイでフィニッシュ(優勝はJ・ウォーカー=17アンダー)。3日目を終えて通算10アンダー7位タイの好位置につけていた石川は、スコアを伸ばせずに通算9アンダー、21位タイに終わった。

 前シーズン(2013年)ではわずか7試合の出場で米ツアーのシード権を獲得し、プレジデンツカップの世界選抜メンバー入りまで果たした松山。アメリカのメディアでも大会前からかなりの注目を集めていたが、そうした期待に応える結果を残して、さらにその存在をアピールした。

 開幕戦とはいえ、松山には気負いはなく、普段と何ら変わらなかった。試合前に1ラウンドしか練習ラウンドをこなせなかったことには「不安はない」と即答し、開幕戦に対する特別な意識も「ないです」と淡々としたものだった。初日には、同伴競技者のデービス・ラブIIIにグリーン上のボールを置く位置について指摘を受けたものの、その後のパットは「普通に打てました」とまったく動じることがなかった。

 まさに「いつもどおり、目の前の一打に集中するだけです」という言葉どおりのプレイを披露。初日を1アンダー34位タイでスタートすると、2日目には66の好スコアを出して6アンダー11位タイに浮上し、予選を突破した。3日目も順位はひとつ落としたが、3つスコアを伸ばして通算9アンダーで首位(B・ケプカ=15アンダー)に6打差と、十分に優勝を狙える位置につけた。

 しかしその間、松山自身が満足することはなかった。2日目にスコアを伸ばしても、自身のプレイに対する不満を漏らした。

「スコアを作れたことは満足していますが、内容的には全然よくない。ティーショットは、毎ホール、毎ホール、不安を抱きながら打っていた」

 3日目も課題のティーッショットが回復の兆しを見せながら、多くのバーディーチャンスを逃して閉口した。

「(ティーショットは)すごくよくなっていますけど、結果につながらない。ストレスの溜まるラウンドだった」

 そして最終日。5つスコアを伸ばして3位になっても、松山から漏れる言葉は反省の弁が多かった。

「いいスタートを切れたんですが、それを続けられなかった。(最終日には)9アンダーを出せれば、勝てると思っていた。勝てないかもしれないけど、(優勝の)チャンスがすごく高まるだろうと。(4つスコアを伸ばした)7番まではその数字をクリアできそうでいい感じだったんですが、8番から流れが変わってしまった。もちろん、他の試合でも途中から失速したり、勢いが止まったりすることはある。でも、勢いを続けられないと逆転優勝はなかなかできない。そこは、これからの課題のひとつですね」

 そうは言っても、最後は3連続バーディーでフィニッシュし、開幕戦3位という結果には、松山自身、合格点を与えた。

「途中は本当に悪い流れだった。15番(パー5)でもイーグルパットから結局3パットしてパーと嫌な感じだったけど、16番(パ−3)の一打で流れを引き戻せた(ティーショットをピン80cmにピタリ)。4日間通して、ショットに関しては満足できるものだったかなと思いますし、最後はいい形で終わることができてよかったです。とにかくツアーのポイントを稼がないと(来季の)シードは取れないので、初戦をこの位置(3位)で終われたことにはホッとしています」

 一方、21位に終わった石川。決して満足はしていないものの、最終日のラウンド後も晴れやかな表情を見せた。

「ポイントを稼ぐことが大事なので、(最終日も)スタート時点(7位タイ)より上に行きたいと思っていたのですが、それが実現できなくて残念です。結果としては、満足感はゼロですね。でも、自分のゴルフに対しての充実感はすごくある。4日間を通して言えば、(自分は)すごく成長したなって感じがします。今日の内容だけを見てしまうとミスショットが多く、うまくいかないことも多かったんですが、自分(の力)が全体的に底上げされた感がある」

 初日は、"開幕戦"ゆえに硬さがあった。「自分が思っていた以上に緊張していましたね」という。しかしその中で、石川は2アンダー19位タイと好スタートを切った。米ツアー初参戦の前シーズンは予選落ちを重ねたが、2日目もスコアを伸ばして、松山と同じ6アンダー11位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。特に狙いどころのはっきりしたショットは光っていた。

―― グリーン上のピンポイントの場所を狙って、傾斜を使ってピンに寄せるショットが続いていたが、狙いどおりか?

「安全かつチャンスにつくところを狙っていくと、ああいうふうになると思います。4番アイアンとかではそこまで狙えませんが、9番アイアンくらいまでだったら、狙う努力はします。そういう意味では、自分のやるべきことができた一日でした。6番(パー4でバーディー)の第2打なんかも、フェアウェーバンカーからの4番アイアンでのショット。それはどんな選手でも難しくて、自分でもいいイメージはなかったんですが、(ボールを)当てにいったり、守りに入ったりというスイングではなく、自分のイメージどおりのアグレッシブなスイングができた。8番(パー4)もティーショットが左のラフに入って(ボールの)ライはよくなかったけど、キャディーと一緒に3つくらい打つルートを探して、最後は自分の選んだところに打っていった。それで、パーセーブできるかどうかというところまでいけた。結局、ボギーだったんですが、その辺りは、少しは成長したかな、と思います」

 3日目もショットが冴えた。10番ではセカンドショットをそのままカップに沈めてイーグルを奪った。

「(10番のセカンドは)残り101ヤード。今まではいちばん難しいと思っていた距離。SW(サンドウェッジ)では届かないし、51度(のウェッジ)だと中途半端な距離になる。そこで、55度(のウェッジ)がいい仕事をしてくれました。打った瞬間、満足。結果はどうなろうと、自分のやりたいことができたショットでした。他にも、いいショットが多かった。すごくピュアなショットがたくさん打てたと思います。17番(パー4)を1オン? あれはピンまで280ヤードで、ラッキーなショットでした。賭けに勝ったみたいなショットで、あのショットは僕の中では価値があるとは思っていません」

 7位タイで迎えた最終日。松山との上位争いも期待されたが、石川はパットが決まらなかった。周囲がスコアを伸ばす中、ひとつスコアを落として21位タイに沈んだ。

「4日間の中でいちばんうまくいかなかった日だったと思います。パッティングはずっとタッチが合っていなかった。自分ではいい感じで打っていて、打った瞬間は『入るかな』という感触なんだけど、見てみるとボールは全然違うところに行っていた。『あれ?』っていう感じが多くて、(グリーンが)読めてなかったですね。今週はそういった感じで、自分のコースじゃなかった。でも、そういう中でここまでやれたのは、ショットのおかげ。そこは自信になります。予選を突破してポイントも得ることができたので、新シーズンはいいスタートが切れたと思っています」

 いきなり3位という結果を出して、米ツアー初勝利も間近であることを予感させた松山。きちんとマネジメントしながら、奇跡的なショットを連発していた石川。ふたりとも、開幕戦から素晴らしい結果と内容を見せた。大いなる躍進が期待され、今季の米ツアーが非常に楽しみになった。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko
text by Sportiva