12月20日(金)に開幕を迎えるアジアと欧州の対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」のアジア選抜に現在、米国男子ツアーに参戦中の石川遼が選出されたことが発表された。アジア選抜にはすでに日本から松山英樹と藤田寛之の2名が選出されている。
 「ザ・ロイヤルトロフィ」は7回目の開催となり、今年は中国にあるドラゴンレイクカントリークラブが舞台となる。ブルネイ・ダルサラーム国で開催された昨年大会ではプレーオフまでもつれ込んだ熱戦を制してアジア選抜が勝利。今大会では史上初となるアジア選抜の大会連覇に期待がかかっている。

【石川遼のコメント】
「ザ・ロイヤルトロフィのアジア・チームメンバーに私を選んでくれたY・E・ヤンキャプテンにとても感謝しています。今大会でアジアを代表することは大きな名誉であり、非常に大きな責任を感じていますが、今からこの大会が待ち遠しい気持ちです。今大会に出ることは特別な意味を持ち、我々選手のスケジュールの中では大切な大会でもあります。我々はアジアの人々の為に、キャプテンの為に、そしてチームメイトの為に戦います。そのエネルギーと競争の激しさのレベルは驚くべきものがあります。昨年のブルネイでの勝利は忘れられません。最終日のシングル戦は非常に密度が濃く、大接戦で、プレーオフの末の勝利は本当に特別なものでした。私はヨーロッパチームと激しく戦い、勝利し、再びトロフィをアジアで保持する強い決意をもって臨みます。アジアとY・E・ヤンキャプテンの為にという想いを抱いてプレーする覚悟です。」
【現在決定しているアジア選抜メンバー】
キャプテン:Y・E・ヤン
副キャプテン:張連偉
選手:松山英樹、リャン・ウェンチョン、キム・キョンテ、藤田寛之、石川遼
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】松山と石川の「なぜ?」を考える
遼、失速米ツアー初Vならず21位タイ…松山が3位タイフィニッシュ!
最新のギアニュースと試打レポートはこちら
今回は美人女子大生が登場!「今日の美ゴ女」
ALBAイチオシの若手女子プロ3人娘