『ウォールフラワー』 ©2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

映画『ウォールフラワー』が、11月22日から東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、1999年に刊行されたスティーブン・チョボスキーの同名小説を、作者自身がメガホンをとって映画化した作品。小説家志望の内気な少年チャーリーが、陽気な少年パトリックと奔放な少女サムの兄妹に出会ったことから始まるナイーブな恋と友情の物語が描かれる。

「壁際に咲く花」のように誰にも話しかけられず、ひっそりと息を潜めて高校生活をやり過ごすことに注力している16歳のチャーリー役を『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のローガン・ラーマンが演じるほか、サム役に『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、パトリック役に『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラーがキャスティングされている。なお、製作は俳優としても知られるジョン・マルコヴィッチが手掛けている。