8D92_D007_00096_R.JPGGUCCI(グッチ)のクリエイティブ・ディレクター フリーダ・ジャンニーニは、アカデミー賞を受賞しているハリウッドの映画監督ロン・ハワードとのコラボレーションにより、同監督の最新作であるアクションとスリルに満ちたF1伝記映画「ラッシュ」のコスチュームデザインを提供しました。ジャンニーニは、セクシーな魅力に溢れたF1レースの黄金時代を背景に、1970年代のグラマラスな世界を見事に再現しています。

(写真は、フリーダ・ジャンニーニがコスチュームデザインを提供した映画「ラッシュ」の撮影風景)
 「ラッシュ」は、世界中で最も今日的なライバル同士として知られた、クリス・ヘムズワース扮するハンサムな英国のプレイボーイ ジェームズ・ハントと、ダニエル・ブリュール演じる対照的なストイックかつ頭脳明晰なドライバー ニキ・ラウダの生き生きとした実話を描いています。レース場内外のふたりの人生へと観るものを引き込む同作品は、肉体的、精神的忍耐の極限まで自分を追い込むレーサーの姿を追っていきます。そこは、勝利に近道はなく、些細なミスも許されず、ひとつ間違えば、死と隣り合わせの世界です。
 
フリーダ・ジャンニーニは、次のように述べています。「70年代は、いつも私に大きなインスピレーションを与えてくれる時代で、ハワード監督から『ラッシュ』のコスチュームデザインを依頼されたときは、嬉しくてとても興奮しました。70年代のF1レーサーほど、グラマラスな職業はおそらく他に思いつかないでしょう。当時を彷彿とさせるコスチュームに身を包んだクリス・ヘムズワースは、動物的なセクシーさに満ちたジェームズ・ハントのスタイルを完璧に演じています。またオリビア・ワイルド扮するスージー・ミラーのスタイルは、グッチの真髄と言えます。セクシーさとイノセントな自然体の魅力を兼ね備えた、70年代を特徴づけるスタイルです」
 
作品内でジェームズ・ハントとスージー・ミラーはともにグッチ アーカイブからのワードローブを着用しています。時代設定は70年代ですが、すべてのコスチュームは実際に2005年以降のフリーダ・ジャンニーニによるコレクションから激選されたデザインです。ジャンニーニは、グッチ アーカイブから多くのインスピレーションを得て、常にグッチならではのセンシュアルでラグジュアリーなスタイルをつくりだします。
 
過去にアカデミー賞を受賞(「ビューティフル・マインド」)しているハワード監督は、最新作「ラッシュ」で、アカデミー賞に2度ノミネートされた脚本家ピーター・モーガン(「フロスト×ニクソン」、「クイーン」)と再びタッグを組みました。エクスクルーシブ・メディアと黒須・クリーク・ピクチャーズの2社による共同出資と製作、イマジン・エンターテインメントがコンソーシアムに参加。英国のワーキング・タイトル・フィルムズ、ブライアン・グレイザー、レボリューション・フィルムズもポロデュースを担当しています。

8D92_D027_00051.jpgすべてのコスチュームは実際に2005年以降のフリーダ・ジャンニーニによる
コレクションから激選されたデザイン。

 
 
【問】グッチ ジャパン カスタマーサービス tel:03-5469-6611
■関連記事・ヘレンカミンスキーが帽子のカスタムオーダーイベント「スタイルド・バイ・ユー」開催コーチとビリー・リードがタッグを組んだスペシャル コレクションが登場10月2日(水)より阪急メンズ東京1F イベントスペースにエトロのポップアップストア「SERA(セラ)」がオープン