コンフェデレーションズ杯以来、日本代表の課題は大量失点を続けたディフェンスにあるとされてきた。アジアの相手には通用しても、W杯に出場するレベルの相手と試合をすると、とたんに脆さを見せる。とりわけセンターバックの人材不足を指摘する声は、このセルビア戦を戦う前にも上がっていた。

 ところが、0−2で敗れたセルビア戦を終えてあらためて浮き彫りになったのは、FWの人材不足だった。

 もちろんこの試合の失点場面に象徴されるように、ディフェンス面の課題が解消されたというわけではない。9月の国内親善試合2試合(グアテマラ戦、ガーナ戦)に勝ったことで一時的に問題が覆い隠されただけで、やはりヨーロッパの中位レベル以上のチームと対戦すると、個々の力も組織としての力も、相変わらず実力不足が露呈してしまう現実がある。

 しかし、このセルビア戦で目に付いたのは、ディフェンスよりもオフェンスの問題だった。世間の話題がディフェンスに集中している間に、日本のオフェンスは、その解決策がすぐに見当たらないほど悪化の一途を辿っている。

 試合後、ザッケローニ監督は「セルビアに対してこれだけの内容で戦えたことはポジティブにとらえている」とコメントしたうえで、しきりに「内容で相手を上回っていた」と強調したが、残念ながら現場にいた人間からすると、とても日本がセルビアを内容で上回っていたようには見えなかった。おそらくテレビで観戦しても同じであろう。

 その最大の原因は、ゴールの匂いをまったく感じさせないオフェンスにあった。

 問題は大きく分けて2つ。ひとつは、これまでも何度となく指摘されている香川真司のプレイエリアの問題である。確かにこれは今に始まったことではないのだが、コンフェデレーションズ杯を経て、ウルグアイ戦、グアテマラ戦、ガーナ戦と、試合を重ねるごとに顕著になり、このセルビア戦ではもはや修正がきかないレベルになっていた。

 あらためるまでもないが、香川のポジションは4−2−3−1の3の左サイドだ。ところがトップ下が最も自分の実力を発揮できる場所という意識の表れなのか、最近の不調からくる焦りの表れなのか、香川が自分のポジションを留守にして自由に動き回る時間帯があまりにも多すぎた。

 DFやボランチがボールを奪ったあとにルックアップする際、香川が左サイドにポジションをとっていることは稀(まれ)。よって、香川がボールを受ける場所は、相手の人数も多い中央付近、あるいは本田圭佑よりも低い位置で足下にもらうケースがほとんどになる。

 必然的に、相手に狙われやすく、囲まれてボールを失う場面も急増。セルビアの守備が組織的に機能していたこともあるが、周りのパスコースを消しながら、香川にボールが渡ったところを狙って一気に囲むという場面が何度もあった。

 日本のここ数試合の傾向として、シンプルにサイドを崩してからゴール前にクロスを入れるような場面が極端に減っている。長友佑都、遠藤保仁、本田、香川の4人で左サイドを崩し、逆サイドの岡崎慎司がゴール前に走り込む、というお得意のパターンも消滅しつつある。

 そもそもサイド攻撃はザッケローニの信条のはず。にもかかわらず、最近の日本の攻撃は、相手の守備が厚い中央を、ダイレクトのショートパスで強引に突破するというパターンに偏っている。これは、クロスが減っていることと、本田のミドルシュートが減っていることと無関係ではない。

 そしてもうひとつの問題が1トップの人材である。こちらはより深刻だ。

 ザッケローニ体制においては、アジア予選を戦う中で、前田遼一が1トップのファーストチョイスだった。しかし、その前田が調子を落としたこともあって、格上と対戦するときは岡崎や本田が務めるというような、不確定なポジションになった。

 そんな状況でチャンスをつかんだのが柿谷曜一朗だったが、このセルビア戦ではっきりしたように、いきなり柿谷に1トップを一任するのは無理がある。確かに現在急成長を遂げてはいるが、柿谷については、ここで重い責任を背負わせて来年に間に合わせるのではなく、2018年でしっかりと代表の中軸となれるような成長を促すべきだろう。

 本来ザッケローニ監督のサッカーは、1トップには背が高いストライカーを置くことを基本としている。ここ数試合の日本の攻撃でクロスが減っていること、ショートパスで中央突破を図ろうとすること、あるいはショートコーナーが増えていることは、柿谷が1トップに入っていることと無関係とは思えない。

 結局、ザッケローニ監督は、このセルビア戦でほとんど仕事をさせてもらえなかった柿谷を後半途中でベンチに下げ、岡崎を1トップに移している。今年2月のラトビア戦後に、指揮官自らが「岡崎のベストポジションはセカンドトップ」と公言したにもかかわらず、またしても消去法の選手起用を行なったのだ。

 コンフェデレーションズ杯の前あたりから、ザッケローニ監督の中で1トップの人材に迷いが生じていることは明らかだ。しかもその解決策は、未だに見つけられていない。

 つまり今の日本は、オプションの3−4−3どころか、基本システムとしている4−2−3−1まで大きく揺らいでいるというのが実情なのだ。

 頑固なザッケローニ監督がそう簡単に他のシステム、たとえば2トップを採用するとは思えないが、もはやドラスティックな変更を行なわない限り、今後の改善は望めそうもない。だとすれば、「今の日本での仕事に満足している」と会見で述べた指揮官のW杯に対する意志さえも疑われることになる。

中山淳●文 text by Nakayama Atsushi